TOP
38.32score

りっくん

紫外線対策と紫外線の原因

そもそも何故紫外線が体に悪いのか?対策する必要があるのかについてご存知でしょうか?
紫外線には3種類(A,B,C)と様々な波長のものがあり、それぞれの紫外線によって特徴があります。
UV-Aは波長(λ)がおおよそ315~380nm(ナノメートル)※nm(ナノ)=1×10^-9 (波長が短いもの程生体への影響が大きい)
UV-Bは波長(λ)がおおよそ280~315nm
UV-Cは波長(λ)がおおよそ200~280nm となっており、UV-Cが一番生体へのダメージを与える紫外線ではあるが、UV-Cはオゾン層によって守られている地球にはほとんど到着しないため対策を考える必要はありません。(仮に地球温暖化などによりオゾン層が破壊された場合、地表に到達して様々な生体へ著しい影響が出ることが懸念されている。)
またUV-Aは人体への影響は大きくなく、一番対策が必要とされているものはUV-Bです。

紫外線にはどのような体への影響があるのか、本当に対策が必要かを実際にみてみましょう。
対策が最も必要とされているUV-Bはどのような体への悪影響があるのか?
紫外線を強くあびることにより、雪眼(ゆきめ)(急性角膜炎)や、翼状片’紫外線を慢性的に浴びることでの視力障害皮膚ガン)を起こしたり、目の水晶体が濁り白内障という病気を起こしたりしてしまいます。
現状、これまでは地上20~25kmも上空にある、オゾン層が吸収していたが、オゾン層が少しずつ破壊されているため地上に降り注ぐUV-Bの量が増えており、今後さらに増加することが予想されているため対策は必要不可欠なものとなっています。
また、人間にある「ほくろ」これは紫外線を長時間浴びることによりでき、良性のものもあるが、中には悪性のものもあるのでほくろだと思って油断は禁物です。

紫外線対策について

1.紫外線は時間帯によって強弱があるので、紫外線が強い時間帯を避けることが紫外線対策となります。
(紫外線が最も強くなる時間帯は午前後の太陽が最ものぼっている時間帯です。)
2.日陰を利用し、紫外線を避ける。
3.日傘や帽子を使う
4.UVカットのサングラスを付ける。(目への紫外線を9割程カットできるものもあります)
5.日焼け止めを使う。(日焼け止めは2~3時間おきに塗りなおしが必要)

いかがでしたでしょうか?何となく行っていた紫外線対策は怠ってしまうとガンや白内障になってしまうということを
肝に銘じ、自分にあった紫外線対策を行い、健康な暮らしを続けていきましょう!

お目通し戴き、ありがとうございました

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2017-11-23 00:35

コメント (0)